手袋職人を守り育てるSETOUCHI HIKETAブランド 佩

タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる

HOME > BLOG > 手袋職人を守り育てるSETOUCHI HIKETAブランド 佩

手袋職人を守り育てるSETOUCHI HIKETAブランド 佩

 

みなさん、こんにちは。

 

2017年11月29日(水)、香川県東かがわ市引田にある江本手袋が、自社ブランド「佩(ハク)」をご近所の方々に向けてお披露目しました。

 

このブログでは、その日の報告をさせていただきたいと思います。


 

◯「佩」とは何でしょうか?

 


 

みなさんは、手袋を身につける時、何と表現しますか?

 

実は、北海道と香川県ではしばしば「手袋をはく」と表現します。

江本手袋の自社ブランド「佩」は、その表現から名付けられました。


さらに漢字の「佩」は「はい、おびる、はく」という読み方があり、装身具としての刀や飾りを身につける、あるいは心に留めて忘れないという意味があります。

 

 

 

 

◯「佩」が贈る、身も心もぽかぽか3アイテム

 

さて、「佩」が2017年12月現在で展開しているのは、手袋、コンビマフラー、リストマフラーの3アイテム。


 

 

 

 

 

「薄くても、通気性と保温効果がバッチリで、手洗いできるから長く使える」メリットが詰まったウール100%の素材を使用しています。素材にもこだわるのは、江本手袋がいつも身につける人の幸せを考えているから。

 

 

手袋とリストマフラーは全部で26色展開しており、ファッションの差し色として楽しめるようにしています。

また、シンプルながらも洗練されたデザインは、手袋職人を守り育てることにも繋がっています。

 

 

身につける人の幸せが、職人の幸せにも繋がっているのです。

 

 

 

佩についてもっと知りたい方は江本手袋のブログをご覧ください。

 

 

 

◯お披露目会

 

地元のイベントである、とらマルシェで販売し、その際国会議員の玉木雄一郎氏にも喜んでいただけた「佩」。

 

江本手袋はこれからさらに販売していくために、まず初めにご近所の方々に向けたお披露目会を行いました。

 

 

その会場となったのは、江本手袋から徒歩1分ほどの距離にある、cafeにゃーごやです。

古民家を改築してできた猫グッズ溢れるモダンなカフェです。知る人ぞ知る美味しい名古屋飯が食べられますよ。

 

 

 

さらにお披露目会を盛り上げようと、タナベ刺繍から自社アクセサリーブランドHAPPINESS STYLE 、デザイナーの得丸成人氏からカメラストラップ・カメラグローブを扱うブランドFURIKAKEもやって来ました。

 

 

 

 

 

また、江本手袋代表取締役の江本昌弘氏によるDJも欠かせず、素敵な雰囲気を作り上げていました。

 


 

◯近所の方々の反応

 

 

お披露目会スタートの14時を回ると、近所の方々が次々とやって来てくれました。「佩」を展示しているテーブルを囲んで談笑の輪が出来ました。

 

 


 

 

「佩」が近所の方々に受け入れられるだけでなく、人と人を結ぶアイテムとなり本当にありがたいと思いました。


展示が終わったあと、佩はみるみるうちに売れて行きました。

 

 

◯「佩」のお買い求めは…

 

 

「佩」は2017年12月現在、 引田の古民家カフェ「caféにゃーごや」、帯広の「マリエッタ・ラポート白樺店」にてお買い求めいただけます。

 

 

また、ポップアップショップといった出店もあります。そちらの情報は、佩のフェイスブックからご確認ください。

 

 

 

 

◯最後に…

 

今後の佩の展開が楽しみです。

 

佩を身につける多くの方々が幸せになり、手袋産地である香川県東かがわ市の地域の人たちの幸せにも繋がって行きますように。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。


 

 

 

アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る