Q&A

HOME > Q&A > 生地や裁断に関すること

生地や裁断に関すること

裁断の状態は、本裁ちでも加工出来ますか?
加工位置の精度に自信がありますので本裁ちでも問題ありません。
ただし、加工内容やデザインによる生地の変形や縮みがある場合は、荒断ちでの投入をお願いします。
粗裁ちの余分はどれだけつけたらいいですか?
通常2~3cmの必要最小限の余分を各箇所に設けますが、加工内容やデザインによる生地の変形や縮み量が違いますので、その都度ご相談ください。
身生地の手配はできますか?
弊社が定番品として在庫する生地であれば手配させていただきますが、企画毎に変わる身生地の手配は行っておりません。
縫製前の裁断はできますか?
現在、縫製前の身生地裁断は行っておりませんので、裁断物での投入をお願いします。
※加工に関する裁断は行っております。
縫製までお願いできますか?
基本的に縫製は行っておりませんが、縫製業者をご紹介させていただくこともできますので、詳しくはご相談ください。
テープカットはできますか?
弊社での二次加工に必要なテープカット加工に関しては対応しておりますが、テープカットのみのご依頼はお断りしております。
製品に加工できますか?
基本的に製品への加工も可能ですが、製品の形状やデザインの大きさ、加工内容によって不可能な場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。
刺繍に向かない生地はなんですか?
針が難なく通り、縫製が可能な素材であれば特にありません。
ただし、加工の内容によって刺繍以外の要素で対応できない素材もありますので、詳しくはお問い合わせください。
原反に刺繍はできますか?
原反への対応は加工内容によりますので、詳しくはご相談ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る