HOME > 刺繍研究室

刺繍に使用される糸の種類は幅広く、極端にいえばミシンで使用可能な全ての糸を使用します。その中で、糸の太さを表す表示方法が糸の種類によって違うことで、分かり辛い面があるので簡単にまとめてみます。【糸の太さは”番手”と呼ばれる】太さといえば直径と考えますが、糸の太さは繊維の断面が円形ではな...
ステッチ&カットとは対称的なテクニックで、リバースアップリケと呼ばれるはめ込み模様や透け感のある表現になります。重ねた生地にステッチを施し、その内側を上部の生地だけくり抜くようにカットすることで切り取った部分から下部の生地が覗き、柄を表現します。※レーザーカット刺繍の注意点はこちらをご覧下さい。
アップリケ刺繍とは、元となる素材(生地)の上に裁断された別の素材を置き、それを縫い合わせることで柄や模様を描く技法で、パッチワークと近い関係にあります。糸だけで完成させる刺繍と違い、別の素材との組み合わせや縫い付け方で様々な表現方法があります。【簡単なアップリケ刺繍の作り方】1.2枚の生地を重ね、...
何を思ったか、目玉です。いつもはミセスエレガントなデザインや、大人のカジュアル、拘り抜いたメンズ等が~なんてやっているのですが、普段のお客様は「まず使わない」サンプルが技術開発の名目で時々作られています。そんな悲しいサンプル達の中にも、とんでもないクオリティの物があって、勿体無いのでここでコッソ...
カシミヤの手袋に、星空のデザインを手描きプリントで表現し、それに光沢感を出すためにスワロフスキーをプラスした作品です。タナベ刺繍の近隣地域は手袋の産地として有名で、手袋メーカーが多数存在します。その手袋メーカーさんとのコラボレーションで、二次加工を施した面白い手袋を開発しています。「こんな手袋、...
<1...34567...8>
▶ 資材と設備
▶ 刺繍テクニックの紹介
▶ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る