タナベ刺繍

0879-25-5108

上記電話番号をタップすると発信します。

受付時間 9:30~18:00

閉じる

HOME > 刺繍研究室 > 色のにじみを活かした幻想的な刺繍表現「フェアリーステッチ」

色のにじみを活かした幻想的な刺繍表現「フェアリーステッチ」

 

日常生活の中で人は些細なことで疲れやストレスを感じたりします。その時溜まったストレスを発散の手段として音楽を聴く、身の回りの物を変えて気分転換など方法はさまざまです。

今回は非日常を感じられる色の調和、異世界を味わえる表現テクニック「フェアリーステッチ」のご紹介です。

 

600×600ゆめかわ.jpg

フェアリーステッチとは

刺繍糸を多数使用し重ねて縫い、色の重なり混ざりで柄を表現するテクニックです。

 

 

 

●作製秘話

開発イメージは「ゆめかわいい」をテーマに女の子の夢を具現化させたようなふんわりとしたパステルカラーが集まっている表現と「水彩画」の色がにじんで混ざり合う要素を合わせることで現在の形になりました。




※ゆめかわいいとは・・・女の子の夢を具現化させたようなもの、メルヘンで幻想的な夢みたいに可愛いという意味です。その他にも同じカテゴリーの中に病み要素が加わった「病みかわいい」といったジャンルも存在します。

 

 

 

名前の由来は[Fairy]フェアリーは妖精を意味します。おとぎ話や神話などに登場する神様と人間の中間的な存在で国や地方によって姿形、名前もさまざまです。

さらにパステルカラーを基調にしているガーリーファッションの一種から名付けました。

 

600×600ゆめかわ4.jpg

 

【フェアリーステッチの特徴】

 

〇見た目や質感はどんな感じ?

 

糸が混ざり合った見せ方は「ゆめかわいい」の持つ、統一感があるようでない可愛さの中にも不安定で幻想的な「女の子の夢」を表現しています。

 

ランダムに縫うことで所々かすれて薄くなってる部分や糸が重なり合いグラデーションを生み出し色の変化を楽しめます。


 

またチュールなどの素材を置くことで糸の色がぼやけた見え方になるので、色んなアレンジができそうですね。他にもチュール以外の素材を使ってみても面白い表現ができます。

 

糸の種類、色数、素材の種類、組み合わせの数だけ幅広い風合いが出せそうでどんなものにしようかワクワクしますね。

 

 

 

主に3つのポイントを変化、調整することで表現が変わります。


1.糸の重なり


2.素材とステッチの色


3.ステッチの量、長さ

 

 

 

 

 


600×600ゆめかわ2.jpgこちらはをグレー系の配色を基調したものです。配色を変えると雰囲気も変わってゆめかわいいの不安定で曖昧な感じが出てますね。

 

 

 


今回は可愛いテーマで生み出した刺繍テクニックの作品紹介でしたが次回はなにそれ?って思われるような投稿しますのでご期待ください!

 

 

 

 

 

 

 

▶ ジャパンクリエーション
▶ 資材と設備
▶ 刺繍テクニックの紹介
▼ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る