HOME > 刺繍研究室 > ▼相良(サガラ)刺繍

◆サガラ刺繍って何?サガラ刺繍とは、シェニール刺繍(chenille)とも呼ばれる、一本の糸をかぎ状の針ですくい上げながら模様を描く刺繍技法のひとつです。編物の目のようになる「チェーンステッチ(環縫い)」と、糸をすくい上げてループ状になる「ループステッチ」、そして両方を使った「ミックスステッチ」の縫い方が...
『サガラミックスステッチ』 チェーン・ループの2つの手法を組み合わせてたテクニックです。 面の部分をループステッチで縫ってボリュームを持たせて、輪郭や細かな部分をチェーンステッチで縫うことで刺繍の柄に高低差が生まれより立体的な見え方に仕上がります、この方法が最も一般的な使い方です。 用途に応じて糸...
【ループステッチ】 糸をかぎ針にひっかけ引き上げてやることでループを形成し、パイル状に仕上がります。ボリューム感があり広い面積を縫うことも得意で、ループの高さや密度の調整も容易なので様々なアレンジができるステッチです。もっとボリューム感が欲しい場合は、サガラ起毛を施すことでボリュームが増し質感も柔...
「チェーンステッチ」サガラ刺繍の主なテクニックの1つ。 名前から連想できるように、鎖状に糸を縫い止める手法で、糸をすくい上げる針の高さや糸の調子の取り方でチェーンの輪の大きさを調整できます。 ステッチに代わりにちょっとしたアクセント・ワンポイント柄・大き目のデザイン・多色使いの表現等、幅広く利用され...
▶ 資材と設備
▼ 刺繍テクニックの紹介
▶ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る