HOME > 刺繍研究室 > ■刺繍テクニックの紹介

◆サガラ刺繍って何?サガラ刺繍とは、シェニール刺繍(chenille)とも呼ばれる、一本の糸をかぎ状の針ですくい上げながら模様を描く刺繍技法のひとつです。編物の目のようになる「チェーンステッチ(環縫い)」と、糸をすくい上げてループ状になる「ループステッチ」、そして両方を使った「ミックスステッチ」の縫い方が...
【コード刺繍とは】コーディングエンブロイダリー(cording embroidery)とも呼ばれ、様々な素材(テープ・ヒモ・束ねた糸等)をステッチと一緒に縫い付ける手法で、大別して「テープ縫い(テープコード刺繍)」「千鳥縫いコード刺繍)(千鳥」「巻き縫い(巻きコード刺繍)」の3種類の縫い方があります。※上の画像はラ...
カットワーク刺繍とは、様々な手法で生地や素材をカット(裁断)することで柄や模様を表現し、それに刺繍を組み合わせたものです。※カットワーク刺繍のデザインサンプルはこちら※レーザーカット刺繍の種類についてはこちらまた、刺繍の無い切りっぱなしの状態は単なる「カットワーク」と呼び、その主な手法はレーザーカ...
古き良き時代のテイスト「刺繍屋さんに頑張ってデータを工夫してもらったけど、何かが違う。イメージ通りじゃない。」「キレイではあるのだけど、本当に欲しいのは正確さではない、人の手の味なんだ!」言葉では説明できないけれど、体に馴染むお気に入りの古着のような感覚にこだわりたい・・・1960年代の古き良き時代...
【これまでのオパール加工】オパール加工とは、プリント技術の応用で部分的に生地を溶かすことで透ける部分と透けない部分を作り、様々なデザインや立体感を表現できる人気の加工です。しかし通常のオパール加工は素材と薬品の関係上、加工不可な生地の組み合わせがあります。これは接着オパールでも同様で、ある程度生...
1234...4>
▶ 資材と設備
▼ 刺繍テクニックの紹介
▶ 最新おもしろ加工
アパレル関連の装飾・二次加工に関する問い合わせ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
0879-25-5108 受付時間9:30~18:00(平日)
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ戻る